教育の目標

エコール・ドゥ・アンファン(Ecole de l’Enfant)は「子どもの未来」を大きく、強く描きたい情熱に溢れ、責任感に満ちた講師陣による特別な グローバル強育塾 です

 

「お子さま最優先」こそ、エコール・ドゥ・アンファンの基本です

エコール・ドゥ・アンファンは「お子さま最優先」を基本とします。第一志望校合格のみならず、学習を通して、お子さまにどのような力を身につけさせたいかという「お子さま最優先という教育の本義」をエコール・ドゥ・アンファンは指導の中心に据えます。教育はお子さまの最高の財産になるものであるからこそ、将来のリーダー育成を目指すエコール・ドゥ・アンファンは、単なる合格だけではなく、お子さまの未来を大きく強く描きます。

グローバル化時代を見据えた進学塾

日本の政治・経済・文化など全ての面においてグローバル化は進み、教育界でも、スーパーグローバル大学が37校指定され、スーパーグローバルハイスクールやスーパーサイエンスハイスクールも指定が進むなど大きく動き出しています。また、文科省は「トビタテ!留学JAPAN」をスタートさせ海外留学12万人、高校生海外留学6万人へという倍増計画を打ち出しています。このような状況の中では、「第一志望校合格」が将来の受験生の幸せに直結するという旧来通りの指導では難しい時代になります。エコール・ドゥ・アンファンは、アウトドアやプレジデント・アカデミー(President Academy)などの中学受験のための小学校生活からは得られない「価値ある講座」とエコール・ドゥ・慶應NY、アンファン・インターナショナル(Enfant International)、留学研究センターなど他にはない「価値あるコース」を通じて、世界が活躍の舞台となる人材育成を掲げます。

変革の時代に必要な「強く生きる力」を育みたい

エコール・ドゥ・アンファンで学ぶ子には、第一志望校への合格にとどまらず、その合格によって将来の夢の実現への新しい一歩を踏み出してもらいたいと考えます。エコール・ドゥ・アンファンは、「将来のリーダーを育てる」ことを目標に、将来の日本に貢献できる人材として社会で活躍できる人間への成長に資する教育を目指します。そして、幼稚園受験・小学校受験・中学校受験を通して、お子さまの第一志望校合格を叶える学力だけでなく、体力、人間力、英語力、人脈力を強く培うための『強育環境』を整えます。

「成績向上」「合格」はもちろん、その先を見つめています

進学塾が「第一志望校への合格」「難関中学校へ○○名合格」を使命とする時代は終わり、進学塾も大きな変革が求められる時代となります。文部科学省が進める大学入試改革は早ければ5年後にもスタートし、現在の小学校高学年が大学入試環境も変革期にあたります。センター試験は廃止、合否基準を人物本位に改める「達成度テスト」に変更するこの大改革は、2次試験で各大学が多様で丁寧な選抜を行うことによって、様々な角度からの「人物本位の大学入試」へと大きく舵を切るものです。さらに、東大が推薦入試、京大が特色入試を実施することで、一層受験生の「人間力」が試される時代がもう目の前に来ています。このような激変期には、エコール・ドゥ・アンファンが掲げる理念が必要なのです。

『理念あるエコール・ドゥ・アンファンで学び、将来の日本を支え、導くリーダーへと巣立っていって欲しい。』これが、エコール・ドゥ・アンファンの夢であり、すべての保護者の皆さまの夢でもあると確信しています。